新着情報

子育てしやすい間取りとは?①

2020.01.05

子育てしやすい間取りとは?①

こんにちは、タッチ☆ハウスの山田建築の山田です。

先月行われた、家づくり勉強会で

「子供の成長に合わせて家を建てたい」

とご相談いただいたお客様がいらっしゃいました。

お子さんが生まれ、これまで住んでいた家や賃貸住宅が

手狭になったという理由で、新しい家を!と

希望される方も多くいらっしゃいます(o^―^o)

そのようなとき、真っ先に考えたいのが

「子育てがしやすい間取り」ではないでしょうか。

そのようにお考えの方に

子育てに適した間取りのアイデアなどをご紹介します?

小さなお子さんがいる場合

小さな子どもさんは、打ち合わせ中であっても

お母さん、お父さんのそばに居たくてたまらないといった感じです(o^―^o)

また、思春期にはいるまでは

「お母さん!お父さん!今日はね…」

と、お家でも会話が弾んでいるのではないでしょうか。

このような時期は、家族そろってリビングに居る時間も長く

子供部屋があっても、まだ眠るだけの場合も多いです。

また、乳児の時期には、お母さんの目の届く場所で過ごし

2歳も過ぎて、ひとり遊びができるようになっても

けがをしないかと、見守っていたいと思うものですよね(o^―^o)

そんな場合のポイントは、4つです!

①☆リビング・ダイニングを広く☆

当たり前の様ですが、子育てをしやすい家にするには

家族が集うリビングやダイニングなどを、広めに取ることは重要です。

キッチンと自然につながるようにつくれば

赤ちゃんが眠っていたり、小さなお子さんが遊んでいるのを

見守りながら家事をする事ができます?

リビングやダイニングに、連続して和室を作っても便利です。

お子さんがお昼寝をしているときに、一息ついたり

洗濯物をたたんだりと、とても便利なスペースができます(o^―^o)

また、このようなスペースを引き戸で区切ることができれば

来客があった際には勿論、ご両親が泊まりにきたときにも使えます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はここまでです。次回へ続きます(o^―^o)

PAGETOP
Copyright(C) リフォーム、耐震補強なら三島市の山田建築。環境と自然に優しい木材によるハンドメイド施工です。 All Rights Reserved.