キッチン☆陶器のシンク、お手入れってどうなの?

こんにちは。タッチハウスブログスタッフの平戸です。

前回、キッチンのタイルのお手入れの方法を話したのですが、タイルのキッチンと相性がいいのが陶器のシンクです。でも家を建てる前は陶器のシンクというと「素敵だけど使い勝手が悪くお手入れが大変」というイメージがありました。

それでも古びることがない陶器の質感が好きで諦めきれず、迷いながらも導入しました。当時、使っている方のリアルな使い勝手やお手入れ方法の情報にとても助けられました。

なので、今回はタイルや陶器を使ったキッチンに興味はあるけど、情報が少ないから無理かな...と思っているあなたに、13年陶器のシンクを使ってみた感想とお手入れ方法をお話します。

陶器のシンクメリットとデメリット

13年使ってみた感想をメリットとデメリットに分けてあげてみます。

メリット

☆クレンザーなどでゴシゴシこすっても傷つかない。
陶器は硬度が高いので小さな傷がつきにくいんです。だから研磨剤が入ったクレンザーやスポンジたわしでゴシゴシしても全然大丈夫。

☆水垢が付かない(見えないだけ?)
ステンレスのシンクを使っていたころは、一日の終わりにシンクを洗うのを二日くらいさぼると、壁面が白っぽくなってきて薄汚れた感じになってたんですが、陶器のシンクは元々白いので目立たないんです。ズボラな私は一週間に1~2度シンクを洗うだけなんですが、見た目キレイをキープできています。

☆古びても味になる
陶器は素材自体の経年劣化が人工大理石やステンレスに比べると遅い気がします。細かな傷がつき古くなってはくるんですが、それ自体が味になって魅力が増してきます。(超個人的感想!)プラスチックのように黄色く変色してこない所も好きなんです。



デメリット

☆鍋などの金属の色が付着する。

brogu1.jpg

陶器より金属の方が柔らかい場合、その金属がこすれると金属の色がついちゃうんです。まあそれだけ陶器が固くて丈夫ってことなんですけど、地味に汚れていきます。これは2か月くらい放置している時の写真です。でも先にも話したように研磨剤OKなので、ちょっとこすれば簡単に落ちます。

☆食器を落とすと80%の確率で割れる。
これはもう陶器の最大の欠点でしょうね。まあ、割れます。防止のためにマットを敷く方もいるようですが、それ自体を洗うのが嫌で私はおいていません。食器は高いものは買わず、割れたら新しい食器が買える!と割り切っています。

☆欠けたりひびが入る可能性がある。
非常に固く作っているのですが陶器なので可能性はあります。うちも傷はついています。
gurogu 2.jpg

真ん中に2つ黒い点がある箇所が傷です。知らないうちについていました。まあ他にも見てわかると思うんですが細かな傷はたくさんついています。

陶器のシンクのお手入れ


私が普段しているお手入れは、2~3日に一回「シンクをざっとスポンジで洗う」のと、2か月に一回くらい「タイルの掃除にも使うキッチン泡ハイターをかけて30分ほどおき、汚れが残っていればクレンザーでゴシゴシする」です。

泡ハイターでの掃除です。泡ハイターをまんべんなくスプレーします。
burogu3.jpg

そのまま30分放置します。
burogu5.jpg

流すとこんな感じです。7割がたは落ちています。

時間がある時はさらにここからクレンザーで磨きます。

brogu5.jpg

ゴシゴシ、ゴシゴシ。

burogu6.jpg
ほぼきれいになりました。これ時間が経つともう少し白くなり、陶器自体の白さにほぼ戻ります。

brogu7.jpg

おしゃれな見た目で選んだ陶器のシンクでしたが、かなり実用的で意外にお手入れもしやすいというのが私の感想です。食器を絶対に割りたくない方には合いませんが(^^♪

今日はの陶器のシンクのお手入れについて、私の超個人的な意見をお話しました。ご質問などありましたら何でもお答えしますのでコメント欄にどうぞ!

それではまた次回お会いしましょう!

キッチン☆タイルのお手入れってどうなの?

こんにちは。タッチハウスブログスタッフの平戸です。

もうすぐお盆。あなたは今年の夏休みはどんなふうに過ごしますか?今年はコロナの影響でステイホームの方が多いかもしれませんね。

我が家の夏休みもステイホーム。外食に行く機会も減ったので、キッチンにいる時間が長い長い。ごはん作りに追われ、作るメニューもネタ切れ...。そんな時うちでは、参加型ごはん作りと称して、夫や娘を総動員してみんなでご飯を作ります。

その時に作っておいてよかったなと思うのが、オープンキッチン。

以前住んでいた集合住宅では、キッチンと食べるところが離れていて疎外感が半端なかったので、食卓やリビングと一体化したキッチンを熱望して作ってもらいました。アイランド型という、シンクを中心にした島のような調理台とその背後にガスレンジを備えた調理台があるというスタイルです。

2034700.jpg


そのキッチンで使っているのがタイルです。私が家を建てた13年前、キッチンはステンレスや人工大理石を用いることが多かったのですが、壁や床が自然に古びていくのと、レトロな雰囲気のタイルがよく合いそうだなあと思って取り入れました。

タイルは目地も含めて白一色。今日はそのタイルをどんなふうに手入れしているかお話ししたいと思います。

3556633_s.jpg

普段すること

・水ぶき。調理中に飛び散ってしまった汚れが乾かないうちにこまめに水ぶきするようにしています。
・セスキ炭酸ソーダ水をスプレーして拭く。油汚れがこびりついてしまった箇所には、重曹よりアルカリ濃度が高くて、洗浄力も強いセスキを水で溶いてスプレーしています。

時々すること

・「キッチン泡ハイター」を目地にかけて、30分ほど放置してから軽く歯ブラシでこする。目地の汚れが気になった時にするので、頻度はまちまちですが、2か月に一度くらいはやっているかな?

以上!

実はタイルって意外と手がかからないんですよね。
タイルの表面ってつるつるしているので汚れは拭けばさっと落ちるし、なんとなくくすんできたなと思ったタイミングでハイターをすれば輝きが戻ってきます。

白の目地は汚れが目立つと思って迷ったんですが、汚れがついたらすぐに拭くようにすれば、かえっていつもきれいにしておけると思ったんですよね。今のところは何とかきれいに保てているけど、いつまでできるかな...。タイルも目地もたくさんの色バリエーションがあったので、今は「落ち着いたシックな色でもよかったかなあ」とちょっと思います(^^;

よかったことは、リフォームしたいと思うことが一度もないことです。無垢の床板や塗り壁と同じように時間がたてば経つほど風合いが出てくるんですよね。汚れも味になるというか。

自然素材の家とタイルは相性がいいと思うこの頃でした。

今日はタイルのお手入れについて、私の超個人的な意見をお話しました。ご質問などありましたら何でもお答えしますのでコメント欄にどうぞ!

それではまた次回お会いしましょう!

畳の手入れってどうなの?

こんにちは。タッチハウスブログスタッフの平戸です。

梅雨が明けたと思ったらいきなりガンガンに暑い富士宮です。皆さんの地域はいかがでしょうか?

うちは夫が夏休みに入りました。気が付くと畳の部屋で昼寝しています。朝ごはんを食べてはゴロン、庭掃除をしてシャワーをあびたらゴロン、夕飯を食べたらゴロン...。

今日も通算で4時間くらい寝ていたんではないでしょうか。寝すぎで目が溶けてしまわないか心配です。

そう、夫が畳から離れられないのは、畳の気持ちよさに吸い寄せられているから(多分)

3535550_s.jpg

確かに畳は湿気の多い時でもさらっとしていて本当に気持ちいいです。クッション性があって何も敷かなくてもそのままゴロゴロできるのもいいんですよね。私も娘と体操する時にとっても重宝しています。

畳は日本古来からある自然素材。調湿作用があるので家を建てる時には和室は欲しいなと思ってはいました。

でも「畳は手入れが大変で億劫だな」とも思ってたんです。畳って裏返ししたり、干したり、表替えをしたりしなきゃならない...と思い込んでいたし、以前の集合住宅では梅雨になると畳にカビは生えるわ、表面がけば立つわで、けっこう大変だったからです。

以前はカビが生えるとその度に、固く絞った雑巾でよく拭いて乾いた雑巾でから拭いていました。表面がけば立つのはなぜかよくわからなかったので、掃除機がよくないのかと、掃除機をかける頻度を減らしほうきで掃除したりしてましたね。

では今はどんなお手入れをしているのかというと...

全くしていないんですーー!(^^)!

気を付けてると言えば、掃除機をかける時に目地に沿ってノズルを動かすようにしていることくらい。でもこれも気づいたらやるっている程度です。カビないから乾拭きもしたことないんですよね。

でも全くカビないし、けば立ってもこないんですよね。

湿気コントロールと材質のセレクトがいいからでしょうか。

裏返しも表替えも全然してないんです。うちは縁なし畳で裏がなかった!というのもあったし、表替えをするほど傷んでこないうちに13年経ってしまった...ってかんじです。

干すのは10年目くらいに一度だけやりました。その時、埃はすごかったですが、畳裏にも畳をおく板にもカビは全然生えていなかったんです。10年調湿作用のある畳を置いておいてもカビてないってことは、吸った湿気を逃がす仕組みができているんだなと実感しました。
0074 - コピー.JPG
畳は10年もたてば交換しなければならないものと思っていたのに、まだまだ先になりそうです。

畳という日本伝統の建材の性質と日本の気候を良く知っていて、上手な付き合い方を知っている業者さんに施工してもらったからかなと、10年過ぎてからよく思います。

畳の値段も確か高めだったと思うんですが、こうして10年以上たってもノーメンテナンスで美しい状態を保っていて、代える時期を先延ばしできるなら全然高くなかったなと思います。

10年後、20年後まで見据えるとリーズナブルになる建材。それを提案してくれる会社に出会えたのがラッキーだったなあと思うんです。

ほんとの意味で建てる人の立場に立ってくれてたなあって。

これから家を建てるあなたが、そんな業者さんに巡り合えることを願っています。


今日は畳のお手入れについて、私の超個人的な意見をお話しました。ご質問などありましたら何でもお答えしますのでコメント欄にどうぞ!

それではまた次回お会いしましょう!


塗り壁の手入れってどうなの?

こんにちは!タッチハウスブログスタッフの平戸です。

静岡県ではやっと昨日梅雨明けしました。長い梅雨の間、あなたの家では湿気でのお悩みはありませんでしたか?我が家では今年は神棚のしめ縄にびっしりカビが生えてしまいました。家を建てて13年ですがこんなことは初めて。今年の梅雨の湿気のスゴさを実感しました。

でもそんな湿気がひどい季節も、自然素材の家は調湿作用があるせいかわりとサラリとしています。洗濯物を部屋干ししても嫌なにおいが付いたことがないし、今年もしめ縄以外はどこにもカビませんでした。

あ、かびないのは普通なのかな?以前住んでいた集合住宅は梅雨時期は畳も押し入れの中もカビて困っていたので...(^^;
souji_hataki_hokori.png

さて、「自然素材の家のお手入れ・床材編」を前回のブログでアップさせてもらいました。

今日は塗り壁の手入れについて書きますね。

塗り壁と一言で言っても、材質や塗り方によって違います。

我が家の場合は、ホタテ貝を使った材質と珪藻土で壁を塗りました。ほんとうは天井も塗り壁にしたかったのですが、予算オーバーで叶わず天井にはクロスを貼りました。

その塗り壁のお手入れですが、我が家でやっているのは
・年末のすす払い
・汚れた時に雑巾でよく拭く
です。

・年末のすす払い

我が家では居間やキッチン、寝室などメインの壁はホタテの壁材です。これは凹凸がありざらざらした表面なので、そのざらざらの部分にほこりがつきやすいのです。最初の5年ほどはほとんど目につくことはなかったのですが、ここ何年かは天井に近い部分や吹き抜け部分にほこりがついているのが目に付くようになりました。

そこで、毎年年末にはブラシを付けた掃除機で吸い取るようにしています。ざらざらしているので、ホコリ取りのモップだと、モップについた埃を逆に壁にくっつけてしまうことがあるんです。だから掃除機で吸い取るのが結局は早いんです。

掃除機が届かない場所は、濡れた手ぬぐいでブラシの部分をおおったほうきで壁をなぞるという昔ながらの方法ですす払いをしています。

珪藻土の方は表面に凹凸がほとんどないので、ホタテほど埃がつくことはありません。天井付近のススもホタテの半分くらいじゃないかなあ。こちらも同じように掃除機かほうきで年に一度くらいはお手入れをしています。

私の施工住宅会社さんは珪藻土の値段が高かったので、洗面所やトイレなどの水回りだけしか珪藻土にできなかったんですが、タッチハウスの場合はどれを選んでも同料金なので、埃が気になる人は表面が滑らかな材質にしてもらうといいですね。


・汚れた時に雑巾でよく拭く

子どもが小さいと、よく汚れた手で壁を触っちゃうんですよね。うちは白い壁で汚れが目立つので、その度に濡れた雑巾で拭くようにしていました。ゴシゴシこすると壁材が少し剥がれてしまうこともありますが、汚れはほぼほぼ落ちます。色の濃い汚れの場合は石鹸水をしみこませた雑巾で拭いた後、水拭きすると大抵の汚れは落ちました。

書初めの墨が壁に飛び散ったりしたことがあったのですが、それだけはうっすらと残ってしまいましたね(^^;

ホタテも珪藻土も汚れの落ち方はあまり変わらないです。


こんなお手入れをしながら13年住んでみた感想は

「塗り壁は13年経っても美しい!」
です。

西原様邸新築工事完成_200802.jpg

冒頭で書いたように

予算の関係で天井は壁紙にしたので、壁紙との差を目にすることができるのでよくわかるんです。天井は手垢が付いたり、スープが飛び散ったりすることがないはずなのに、ところどころシミができて、色もベージュっぽくなり、境目のラインが目立ってきています。

それに対して塗り壁は天井に比べたら白い(元は同じ色だった)し、汚れた時は拭いているせいかもしれませんが、シミもほとんどないんです。

クロスは15年から20年で張り替える人が多いというのも、クロスはこんな風に何となく薄汚くなってきてしまうからなんですね。その点塗り壁は、時間が経てば経つほど良さが出てくる気がします。まあ、すす払いはめんどくさいですが(^^;


今日は塗り壁のお手入れについて、私の超個人的な意見をお話しました。ご質問などありましたら何でもお答えしますのでコメント欄にどうぞ!

それではまた次回お会いしましょう!

無垢材の床の手入れってどうなの?

はじめまして!

今日から時々タッチハウスのブログを担当させていただく平戸です。

住宅会社のブログスタッフだと言っても、私は住宅を建てているわけではありません。「え?じゃあ何やってるの?」と思いますよね(^^;

なので簡単に自己紹介をさせていただきますね!


私は静岡県富士宮市在住の、自然食材を使った料理(マクロビオティック料理)の研究家です。


私は自然な食を追求してきたので、住宅もできるだけ自然素材で作りたいと思っていました。

「壁は天然素材の塗り壁、床材は無垢の木。過度な高気密住宅ではなく、自然の太陽や風を上手に利用して、夏は涼しく冬は暖かい家」


そんな家に住みたくて、ずっと探し続けてやっと見つけた住宅会社で建ててもらい、それから約13年自然住宅に住んでいます。


実は私の住んでいる家は山田建築さんで建てたものではありません。その私がなぜ山田建築さんの「タッチハウス」のブログを書くのかと言うと、

一番は「自然住宅、住んでてマジで気持ちいいから誰かに伝えたい!」から。

それなら自分が建てた住宅会社のブログ書けよって感じなんですが、実は私が家を建てた住宅会社は倒産してしまったんですね...。

それともう一つ、タッチハウスが、私の家同様の木材や壁材を使いながらも非常にリーズナブルな価格帯で、正直すごくびっくりしたから。

しかも山田社長は木のクセや性質を知り尽くしている熟練の大工さんなので、オシャレさや見た目重視の施工は絶対しない人。そんな山田社長が建てる「タッチハウス」に、13年前出会えていればよかったのに...。

そんな思いがあるからです。

今、このページを訪れて下さったあなたは、多分自然住宅に興味があることと思います。でも、実際に自然素材の家に住んでいなければ良さも、めんどくささもよくわからないですよね。

そこで、あなたが住宅を選ぶ時の指針になるように、自然住宅の良さもめんどくささも「リアル」な体験として、実際に13年間自然住宅に住んでいる私がお伝えしていきます。

第一回の今日は、

「無垢材の床の手入れってどうなの?」です。3657354_s.jpg

自然素材・天然素材の家と聞くと、やはり思い浮かぶのは無垢の床材や塗り壁などでは?私はそうでした。

無垢の木は、接着剤が使っていないので空気中に揮発する化学成分が皆無。シックハウスの心配がないんですよね。私は仕事として30年自然食に携わっているので添加物や残留農薬などに詳しいのですが、食事ってたいていは一日3回ですよね。時間にしたら1時間くらいでしょうか。

でも空気は24時間休みなしです。だから食事より空気の方が、ずっと健康への影響が大きいということに気づいてしまったんです。そんな私にとって無垢の木はマストの選択でした。

無垢の木の魅力はそれだけではありませんでした。空気中の水分量を調湿してくれること、時間が経っても美しい、むしろ時間が経つほど味が出る素材だということ。そんな無垢材の魅力にひかれて床材は全て無垢の木にしました。

で、実際に住んでみてどうだったかというと...?

空気が明らかに違う!!というのはさすがにないです(^^;入居前アパートに住んでいた頃、子供たちに多少のアトピーがあったのが引っ越してからは治ったけれど、年齢のせいかもしれないし。

でも調湿効果は抜群でしたね。日当たりの悪い部屋が梅雨時期にカビたりすることが皆無になりました。(前のアパートがひどすぎたのかもしれませんが...)

時間がたって最初は白木だった床板が、日に焼けて色が濃くなってきたのも味が出てきていいです。正直白木の頃は汚れが目立つので気になって仕方なかったんですが、5年ほど経つとだんだん目立たなくなり、今は傷も汚れも気にならなくなりました。

で、肝心のお手入れです。

我が家でも建てたばかりの頃はがんばって一年に一度、オイルを塗っていました。みつろうワックスをかけた年もありました。でも3年ほどするとだんだんやらなくなってしまって...。今は2~3年に一度くらいの頻度でオイルかみつろうワックスをかけるくらいです。元来がズボラなタチなので水ぶきも空ぶきも全然やってないです。

でも不思議なことに、無垢の木は、素足で歩くことが多いので人の足の油もなじむのでしょうか、ここ何年かはオイルをかけなくても床はいつもピカピカしています。特に10年過ぎてからいい感じになってきました。

人の移動が多い箇所と少ない箇所で、色の違いがあったりもします。移動の多い場所は白っぽく、少ない場所は色が濃くなります。

このように、無垢の床は傷や汚れが付きやすく、色もムラになりやすいところが欠点と言えば欠点なのかなと思います。

でも傷がつきやすいということは裏を返せば柔らかいからで、歩いた時にふんわりと柔らかく気持ちがいいんです。

汚れがしみこみやすいというのは調湿効果が高いからで、湿度の高い今の季節も素足で歩いた時もさらさらしているんです。

色ムラになりやすいというのは環境に柔軟に対応しているからで、その分長く持つのでは...(これは希望的観測)

というわけで、無垢の床材のお手入れは現在2~3年に一度のオイルかワックスかけなので、そんなに大変ではないというのが私(の夫)の実感です。

無垢の床板は、年ごとに表情が変わっていくものなので、もしあなたがずっと同じ色がいいと思っているなら塗装をするか、合板の方がいいかもしれません。無垢の床のメリット・デメリットの両方を知って検討するといいと思います!


今日は無垢の床のお手入れについて、私の超個人的な意見をお話しました。ご質問などありましたら何でもお答えしますのでコメント欄にどうぞ!

それではまた次回お会いしましょう!

完成見学会は家づくり勉強会です!  

こんにちは、タッチハウス 山田建築代表の山田です!
昨日はN様邸完成見学会を開催しました。
安心安全な住環境を作り
家族の笑顔がいっぱいの毎日に
お手伝いが出来るしあわせを感じています。
空気がおいしいお部屋を体験してください。

完成見学会.jpg

S__10903571.jpg


新型コロナ対策も万全に
本日も10時から16時まで会場でお待ちしておりますので
お気軽にお越しください!