2021年7月 2日

■家の性能■

標準仕様の自然素材

自社施工、確かな技術でつくる

安心の長期性能


▼耐震・制震性能はこちら

▼耐久性能はこちら

▼省エネ性能はこちら



・◇・◇・◇・

耐震・制震

国内ではマグニチュード3以上の地震が毎月400回以上も発生しており、気象庁は「国内で地震が発生しない所も、大きな地震が絶対に起きない所もない」と断言しています。こうした予測不可能な地震に対して、日本で家を建てる以上は、地震対策がとても重要になります。

QUAKE-RESISTANT 01
[ 全棟 最高レベルの耐震等級3が標準 ]

震度7が連続して観測された平成28年の熊本地震。震源地付近の益城町周辺では、耐震等級3で設計された戸建て住宅が、ほぼ無被害(又は軽微な被害)であったことから改めて地震に対する家の耐震等級の重要性が注目されています。タッチハウスでは、もちろん、全棟で耐震等級3を標準仕様にしています。

耐震等級

耐震等級とは
地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で表されます。建築基準法で義務付けられている「耐震等級1」は、1回の震度7程度の地震でも倒壊しない程度の耐震性能とされています。熊本地震のような、2回以上に渡る震度7程度の地震対しては、耐震等級3のレベルが必要です。耐震等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じ耐久性です。



QUAKE-RESISTANT 02
[ 全棟 直下率計算済み ]

過去の地震では、耐震等級2(長期優良住宅基準)を持った住宅が倒壊しており、原因は「直下率不足」でした。建築基準法で直下率の規定はありませんが、当社は全棟、直下率も計算します

直下率

直下率とは
直下率には「柱」と「壁」と2種類あります。柱の直下率は、2階の柱の下に1階の柱がどれがけあるのかを示す値です。壁の直下率は、2階の耐震壁の下に1階の耐震壁がどれだけあるかを示す値です。過去の地震の調査結果から、これらの直下率が60%以上の建物は大地震の揺れに耐えています。


QUAKE-RESISTANT 03
[ 地震に強い 木造の家 ]

地震の振動エネルギーは建物の重さに比例するため、重い建物ほど大きく揺れますが重量の軽い木材で作られた家は、鉄やコンクリート造に比べて揺れ幅が小さくなります。また、木材は表面が炭化すると内部まで燃焼しない性質があり、一定以上の厚みを持つ太材は耐火性にも優れています。

強い木材

引っ張る力・圧縮にも強い木材
木材は引っ張りや圧縮に対する強度がとても高く、同じ重さでの材料で比較すると、圧縮に対する強さは鉄の約2倍、コンクリートの約9.5倍、引っ張りに対しての強さは鉄の約4倍、コンクリートの225倍もあります。
構造材について
土台には檜、柱と梁には杉無垢材・米松を使用。タッチハウスでは構造材も集成材は使用しません!




・◇・◇・◇・

耐久

ENDURANCE 01
[ 寿命の長い施工方法 ]

日本の住宅は、築25年~30年で建て替えらている家が多いのが現状です。次世代に家を住み継ぐ家づくりをしてこなかったことから、短命な家が多くなってしまっています。私たちは価値を維持・向上させ健康で快適な暮らしが持続できる家をつくります。

基礎断熱

基礎断熱
床下に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎立ち上がりに板状の断熱材を施工し、床下気口を設けない工法です。蓄熱層としても使えるので温室の安定と省エネ効果があり、 夏はひんやり涼しく、冬は暖かい床になります。また、外からの湿気を取り込まない為、結露や木材腐朽の防止にもなります。

基礎パッキン工法
基礎と土台の間に強固な樹脂製のパッキンを使用し、そこに隙間を造って換気する工法です。床下換気口を比べて周囲をほぼ満遍なく通気ができ、コーナー部分の空気の淀みを激減して湿気が溜まりにくくなります。


外壁通気工法


外壁通気工法
木造住宅の外壁は、室内からの湿気が入り込んだり断熱材の欠損があると壁内結露を起こす可能性が高くなります。これにより木材が腐り耐久性を低下させ、室内側の石膏ボードの裏面からカビが発生するなど室内環境も不衛生な状態となります。タッチハウスでは壁体内の湿気を外部に放出する「外壁通気工法」を取り入れています。透湿防水シートで壁を覆い、外壁材との間に外気が流れる層をつくります。それにより、壁内の湿気を透湿防水シートから通気層を通して外部に放出する方法です。





・◇・◇・◇・

省エネ

電気やガスなどのエネルギーを無駄なく上手に使うことは、環境にも優しい省エネだけでなく、家計の節約にも繋がります。毎日の生活の中で最もエネルギーを使う冷暖房機器も、室内の温度変化が小さければ節約が可能です。

ENERGY-SAVING 01
[ 高い断熱効果で、外からの熱気や外気を防ぐ ]
高い断熱効果
フォームライトSL
硬質ウレタンフォームを現場で発泡し、吹付け施工する断熱材です。断熱材の99%が空気であることから、経年による断熱性能の低下がほとんど起こりません。優れた気密性で、外部の騒音や気になる内部の生活音が漏れる心配もありません。

YKKAP エピソードNEO
すぐれた断熱性とつかいやすさを誇る「エピソードNEO」を使用しています。


ENERGY-SAVING 02
[ 換気システム ]

換気システム

澄家Eco.第1種換気方式
給気・排気ともに機械で行う換気で、計画的な換気が可能です。安定して新鮮な空気を供給しながら汚染空気を排気してくれます。
第3種換気方式
排気を機械ファン、給気を自然換気で行う為、ファンの駆動エネルギーが小さく電気代が安いのが特徴です。

2021年7月 1日

土地探し

家を建てるためには土地が必要です。タッチハウスではお客様の家づくりだけでなく、理想の土地探しもお手伝いしています。
初めて土地探しをする方は、まずは土地探しのコツや購入の流れをご確認の上、弊社のオススメする土地情報をご覧ください。

・◇・◇・◇・



土地探しで失敗しないための5つのコツ

不動産は一生に一度の大きな買い物です。
しかし基本的な知識不足のために、残念ながら土地探しで失敗をする方が後を絶えません。
そこで、初めての方が土地探しに失敗しないための5つのコツをご紹介します。

Point1
土地探しは80点が妥協ライン!
土地探しでは優先順位をつけることが大切です。しかし優先順位を付けたとしても、そのすべての条件にぴったり当てはまる土地はなかなか見つからないものです。土地探しでは、厳しく判断しても「80点」が妥協ラインといわれています。逆に80点であれば、工夫次第でいくらでも欠点を補うことができます。総合的に判断し、80点を超えているようであれば、土地の購入を検討してみましょう。
土地探し


Point2
土地より家のプランを先に決める!
そもそも土地がなければ家を建てられない。そんな思いから、真っ先に土地を探す方も多いようです。しかし先に土地を決めてしまうと、土地の面積や形状という制限がついてしまい、理想の家をイメージしづらくなってしまいます。そのため、まずは理想の家をある程度プランニングし、それから条件を満たす土地を探すようにしましょう。


Point3
気になる土地は自分の目で確認する
気になる土地を見つけたら、必ず現地に足を運ぶようにしましょう。実際に自分の目で見ることで、良くも悪くも様々な発見ができるはずです。また地元の不動産会社を訪れ、周囲の環境や災害歴について確認してみることも大切です。


Point4
法規制・インフラを事前に確認
土地には建ぺい率や容積率、道路制限など様々な法規制が掛けられています。土地によって建物の高さや面積などに制限が加えられるため、必ず事前に確認するようにしましょう。また上下水道、ガスなどのインフラ設備も重要です。インフラが整っていない場合、大規模な工事が必要になり、多額の費用が発生する場合もあります。


Point5
意外と見落とす安全性のチェック
最後の最後になって、実は地盤のゆるい危険な土地であることが発覚するケースも少なくありません。土地の安全性は他の条件と異なり、絶対に妥協できないポイントです。地盤や周囲の自然環境、土地の災害歴など、安全性に関わる情報は可能な限り早い段階で確認しておくようにしましょう。


・◇・◇・◇・



土地購入の流れ

初めての土地購入がどのような流れで進むか分からず、不安に感じる方も多いようです。
土地の購入はおおむね次のような流れで進行します。
通常、土地購入には不動産会社と金融機関が関係するため、それぞれの手続き内容を事前に確認しておくようにしましょう。
土地購入の流れ


・◇・◇・◇・



土地情報

タッチハウスでは、静岡県東部およびその周辺の土地を皆様にご紹介しています。
土地の購入をご検討中の方は、ぜひ下記のページで理想の土地をお探しください。 また、気になることがあれば何でもお気軽にご質問ください。
▼最新の土地情報▼
裾野市伊豆島田

裾野市伊豆島田 土地 1,500万円 裾野南小/裾野西中

三島市谷田(塚ノ台)

三島市谷田(塚ノ台)土地 1,600万円 錦田小/錦田中







タッチハウスアイコン
タッチハウス(山田建築)
〒411-0801  静岡県三島市谷田46-4
TEL:055-981-4476  FAX:055-981-4620
<営業時間>8:00~18:00  <定休日>日曜日

サイトマップ