■Arie■中庭のある家

Arie中庭のある家
外と内との仕切りがゆるやかな
  自然を取り込んだ開放的空間デザイン

中庭、ルーフバルコニー、勾配天井、高窓が光を取り込み、2階のLDKに明るさと開放感をもたらします。
中庭を中心に建物をコの字型に配置しているため、LDKをはじめ、1階2階の各居室から中庭を眺めることができます。

Arie中庭のある家
コの字型の建物に囲まれた
  多目的に活用できる中庭

中庭では季節の花や緑を楽しむことができるほか、家族の憩いの場や子どもの遊び場として活用することができます。リビングをはじめ、ホール、階段、各居室など多くの部屋が中庭に面していることから、家全体に開放感が生まれます。コの字型の建物は光や風を取り込みやすく、より快適な空間を実現します。

長く暮らしていく住まいだからこそ、住宅の価値を長期間にわたって保つことができる優れたデザインが必要です。時とともに増していく「経年美」と、それを構成するための「本質的な美しさ」を大切にし、自分らしい空間をつくり上げることで、いつまでも愛着の持てる理想の住まいが完成します。

Arie中庭のある家間取図1階Arie中庭のある家間取図2階
  1F 床面積:49.68㎡   2F 床面積:52.79㎡
  延床面積:102.47㎡ (31.00坪) / 施工床面積:123.57㎡ (37.38坪)
  ※申請上の面積とは異なる場合があります


プライバシーを守る広いルーフバルコニー

プライバシーが確保された広いルーフバルコニーはセカンドリビングとしても活用可能。また、2階のLDKとつながっていることから、室内に光や風が流れ込み、自然と一体化した心地よい空間をつくります。LDKには奥行きと開放感が生まれ、いつもの食卓も特別な風景に変えてくれます。


随所に取り入れた明るさと開放感をもたらす工夫

リビングは高窓と中庭からの採光により明るさが確保される上、勾配天井が空間に広がりを持たせてくれます。LDK にはシースルー階段を採用することで、暗くなりがちな玄関やホールにも中庭からの光を十分に取り込むことができます。


デザインは北欧風ナチュラルテイスト

外観、内観ともに自然な木色とホワイトを基調としています。北欧モダンデザインの第一人者である、建築家アルヴァ・アアルト(フィンランド)の考えるデザインに、日本人が好む"ナチュラルさ"を融合。オーガニックや素材の質感を大切にしたインテリアと馴染みます。



Arie
タッチハウスでは
長期優良住宅に対応した
高水準のお家を提供

長期優良住宅の認定を受けるためには、耐震阻耐久性、省エネ性、維持管理のしやすさなど、住宅の長期的な品質保持に必要な基準を満たしていることが条件です。タッチハウスはこの長期優良住宅の基準を超える高い耐震性と省エネ性を実現。従来の基準に満足することなく、より強く安全な住宅を目指します。



▼パンフレット
Arie中庭のある家パンフレット1Arie中庭のある家パンフレット2Arie中庭のある家パンフレット3Arie中庭のある家パンフレット4Arie中庭のある家パンフレット5


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

Menu