地震に強い家を作るために押さえておきたい3つのポイント

こんにちは。タッチハウス広報の平戸です。

夕べの地震は長く揺れて怖かったですね。
私は静岡県富士宮市に住んでいるのですが、長時間停電しました。

懐中電灯やロウソクをかき集めたり、Twitterやネットで検索したり。久しぶりに不安と恐ろしさを感じました。

3.11の時もそうでしたが、地震があったその時は本当に怖くて、対策をしていなかったことを後悔します。

でも、時間が経つと忘れてしまうんですよね。それが脳の特性で、恐怖をずっと感じているのはものすごくストレスなので、忘れるように全力で働きかけるのだそうです。

今回の地震で改めて地震に強い家がいいなと思ったのではないでしょうか。

私が家を建てたのは東日本大震災の前でしたが、阪神大震災の後でしたし、東海地震が起こると言われていたので、これだけ地震が騒がれているのだから、今時の家なら地震対策はされてるでしょ?と思っていました。

でも、実は地震対策は能動的に選んでいくものだったのです。
もちろん最低限の耐震対策はされているのでそこは安心なんですが、倒壊を免れるだけでいいのか、地震の後も住み続けたいのか、によって選択肢が変わってくるのです。

そこで今回は地震の後も住み続けられる家を建てる時に、押さえておきたいポイントをお伝えします。

479880.jpg

耐震については過去記事山田代表に聞きました!地震に強い家って?前半
でも触れていますので、こちらも合わせてご覧下さい。

制震装置がついているか

制震装置というのは、建物の壁の中に装着する油圧のクッションのようなもので、制震ダンパーと呼ばれる物です。

これが地震の揺れを吸収してくれ、震度7くらいの地震でも震度4くらいに揺れを軽減してくれると言われています。

昨日富士宮では震度4だったのですがもちろん怖さも不安もありましたが、10年前に来た震度6強の地震とは比べ物になリませんでした。
震度7の恐怖はどれほどでしょう。それが震度4にまで軽減されるのは嬉しいですよね。

また大きな地震の後には、必ず何千回という余震が来ます。私たちの地区も6強の地震の後、一日30回以上の余震が来てその度に生きた心地がしませんでした。
その繰り返しの余震で、釘などが緩み隙間があき、倒壊してしまうことも多いのだそうです。

制震ダンパーをつけておけば、建物のダメージを大幅に減らすことができます。

他にも基礎と土台の間にスライドできるような金具をつけて揺れを逃す免震装置というものもあります。そちらは設置条件が厳しく、かなり高額なものなのであまり現実的ではありません。

制震ダンパーはつけなきゃだめというものではないですが、より安心できる要素になるのは確実です。予算と相談しながら検討してみてください。

耐震等級3の家か

建物を建てる際には建築基準法をクリアしていないと建てることができませんが、それは倒れない最低限のレベルで、耐震等級でいうと1になります。耐震等級3というのは耐震等級1の1.5倍の強度という意味です。

耐震等級3を取得するにはそれなりに費用はかかりますが、いざ地震が起こった時にはこだわってよかったと思えるのではないでしょうか。

構造計算をしているか

全ての家に構造計算ってしていると思っている方が多いと思いますが(私も思ってました!)実は木造の場合は3階以上でなければ義務となっていないのです。
もちろん構造計算をするにはお金がかかるので、しないで済ましていることが多いのだそうです。

でも構造計算は、一つ一つの材料の大きさや木の種類、必要な耐力壁の位置を全て明確にしてくれるので、することでより地震に強い家を作ることができるのです。
構造計算をすれば確実に耐震が強化されていることが証明されるので、安心材料になるのは間違いありません。

構造計算までしている会社は安心できるとも言えるので、そういう会社で頼むということも選択肢の一つだと思います。


今回は地震に強い家を作るために押さえておきたい3つのポイントを紹介しました。

どれもコストアップにつながることではありますが、今回のように地震が来たときに心の底からよかったと思える選択になるのではと思います。
今は予算内で収まるように、こういった要素をパッケージ化した規格住宅というのも出ています。
タッチハウスでも取り扱っています。

展示会なども定期的にやっていますのでよかったら覗いてみてくださいね↓

  • Arieチラシオモテ タッチハウス -イラストレータ 2・27.jpg
  • アリエ チラシ 裏 タッチハウス イラストレータ- 1・30_page-0001.jpg

今回の記事があなたの家づくりのお役に立てたらうれしいです。

ではまた次回お会いしましょう。

山田代表に聞きました!地震に強い家って?前半

こんにちは。タッチハウス広報の平戸です。

お正月はいかがお過ごしでしたか?家を建てようと考えている方は、お休みの間に住宅展示場などに行く機会もあったのではないでしょうか。

私も家を建てる前は住宅展示場巡りが週末の楽しみになっていました。
間取りや材質などを実際に見ることができるので、自分の家のイメージをふくらませるのにすっごく役にたつんですよね。

私のような建築の素人でも、展示場などに行けば見た目のイメージは割としやすいのですが、構造などの見えない部分はイメージが難しいものです。

間取りや内装は、生活しやすさを左右する大事な要素ですが、構造は地震や火災があった時に生き残れるか、家が崩壊してしまわないか、生死にかかわる最も重要な部分なんですよね。

でも、その部分が私たち素人にはわかりにくい...(^^;

特に静岡県は巨大地震が来る可能性が高いと言われている地域です。

実は2011年の宮城県沖地震の際、私の住む富士宮でも震度6強の地震があったんです。
家を建てて2~3年目だった我が家もすごく揺れて本当に怖かった...。
幸い住むのに支障をきたすほどの被害はなかったのですが、あれ以上の地震が来たら...と思うと怖いですね。

これから家を建てようと考えているなら、やっぱり大地震がきても安心な家を建てたいですよね。
fumira_jisin_soft.gif

そこで今回は、修業時代を含めて35年以上の大工の経験をもつ建築のプロ、タッチハウスの山田代表に、地震に強い住宅について聞いてみました。

前半では地震に強い構造や耐震、制振などについての基礎知識を、そして後半では実際にこれから建てるならどんな構造がいいのか、リフォームで強化することができるのかなどを聞いてみました。

平戸「住宅展示場に行くとどの会社も地震に強いと言うんですが、そもそも地震に強い家ってどういうものなんですか?」

山田「そうですよね、一般の方にはわかりにくいですよね。それではまず基本的なことからお話していきますね。」

平戸「ハイ(^^♪お願いします」

山田「まずは住宅はどうして倒壊してしまうかというと、地震で大きな力が加わると、大きく変形してしまい、その時に柱と梁や土台が組んである部分が外れたり折れたりするからなんです。

直下型の地震では、縦方向の揺れによって柱が土台から抜けてしまうといったこともあります。

そのため、強度を上げるために筋交いや耐震金物、構造用合板で強化するのですが、この壁が少なかったり配置のバランスが悪いと、
揺れの共鳴が起こり変形が大きくなる箇所が出来、柱や梁がこわれやすくなってしまうんです」

平戸「ふんふん、それはイメージできます」

山田「この耐力壁の量やバランスを取るように、建築基準法では基準を定めているのですが、それはその基準を満たしていなければ危険という最低のライン。
そこからどれだけ耐震性が優れているのか数値にして表示したのが「耐震等級」という指標なんです。数値で見られるので施主さんにもわかりやすいと思います」

平戸「そんなものがあったんですね。何にも知らずに建ててしまっていました。」

山田「そうなんです。2000年に施行されていますので、平戸さんが建てた時にもあったと思いますよ(笑)等級1が建築基準法の耐震性能を満たす水準で、震度6強の地震が1回来ても倒壊しにくい耐震性能。
等級3まで3段階に分けられています。

等級2は1の1.25倍、3は1の1.5倍の強さがあると定義されています。等級が上がるほど柱や梁が太くなり、窓などの開口部は狭くなります」

平戸「壁や柱が太くて多いほど強いんですね」

山田「理論上はそうなりますね。等級1は震度6強から7程度の地震で倒壊や崩壊しないというレベルの建物なので、倒壊はしないけれども損傷を受ける可能性はあるという意味でもあります。

命は助かるけれど避難所暮らしになったり、建て替えが必要になる可能性があるということです」

平戸「なるほど~、そういうことなんですね。命が助かることがもちろん大事だけど、被災後の生活もめっちゃ重要です」

山田「長期優良住宅では、耐震等級2以上が認定条件とされていて、避難所に指定される公共施設は等級2以上でないとならないと定められているんですよ」

平戸「じゃあ3になるともっと強いってことですか?」

山田「3の建物になると、一度大きな地震の力が加わってもダメージが少ないので、多少の修復で住み続けることができ、大きな余震が来ても耐えられるんです。

余震の方が大きかったと言われる熊本地震では、一度目は耐えたけど二度目の余震で倒壊した建物が多かった中、等級3の建物は大丈夫だったんですよ」

平戸「それ!すごくわかります。震度6強の地震の時、余震が大した事なかったのでよかったんですが、また来たらと耐えられるのかなとものすごく不安でした」

山田「そんな不安を持たなくても済むよう、これから家を建てるなら等級2か3の家を建てるのがいいと思います。倒壊はしなくても半壊して建て直しとなれば、その後の人生設計に大きく差が出てきますから。

まして震度6強以上の地震が10年に1回の頻度で発生している最近です。震度6強以上の地震には対応できない等級1では命の保証もできません」

平戸「本当にそうですね。首都圏、東海地方で大地震が起こる確率は70%と言われ始めて、もうずいぶん経ってる...。明日起こっても全く不思議じゃないんですよね。」

山田「実は、近年日本列島を襲う大地震では、耐震等級2の建物も崩壊してしまったという例もあるんです。従来の頑丈な作りだけでは大地震の衝撃を受け止められないということがわかってきたんです」

平戸「うわー、それだけ地震が巨大化してるってことなのかなあ。何かいい方法があるんですか?」

山田「今は「耐震」だけでなく「制振」という考えが広まってきています。

頑丈な建物を作るという「耐震」では、大きな地震の力を受けると強い衝撃が生まれ、構造体が損傷してしまいます。

「制振」というのは、建物が揺れた際に、揺れ続けたり、変形・損傷したりしないように、構造に組み込んだダンパーと呼ばれる装置が変形することによってエネルギーを吸収し、揺れを抑えるものです。自動車などに用いられるサスペンションのようなイメージです」

平戸「それを構造体に組み込むことで、より地震に強い家ができるんですね。なんか希望が見えてきました!

ここまで地震に強い家の基礎知識を聞いてきましたが、長くなりそうなので休憩入れましょう。後半では制振ダンパーについてもっと詳しく聞かせてください!」


というわけで後半もぜひお楽しみに!

防災に強い家って?

こんにちは。タッチハウスブログスタッフの平戸です。

今日は防災の日ですね。
日本は地震、台風、洪水など天災が多い国ですが、近年はそれが加速している気がします。

私も家を建てる時には、特に東海地震が50年以内にくると言われていたので、

地震で倒壊しない家というのを素人なりに研究したものです(^^)

今日は防災の日にちなんで、私が防災の面で自然素材を使った木造住宅がベストだと思った理由を書いてみたいと思います。
P4100593.JPG

木造は揺れに強いと知ったから

木って、鉄やコンクリートに比べて軽いし、柔らかくてすぐ折れそうですよね。

私も以前は鉄筋コンクリートにはかなわないんだろうなと、漠然と思っていました。

でも実はその軽さとか柔らかさが、力が加わった時その力を吸収して、また同じ状態に復元する力があると聞いたのです。

逆に鉄やコンクリートは、一定の曲がる力が加わると突然破壊してしまうと。

地震の時、木造住宅ならある程度変形しながら力を逃がしてくれると聞きました。

確かに、日本には多くの木造の神社、仏閣が数百年もの間残っているなと納得したものです。

木造住宅は火事に強いと知ったから
地震の次にくるのは火災ですよね。木は火がついたらすぐ燃えてしまうと思いますよね。

私ももちろんそう思っていました。

でも木の柱は、燃えて表面が炭化すると中まで燃焼が及ばないそうなんです。

これが無垢の柱がいいという理由で、合板の柱だと燃えてしまうと聞きました。

これは10年以上前の情報なので、今はもっと違う合板もあるかもしれません。

そんな理由で、実は鉄筋の柱より延焼時間が延びるので、逃げやすいと聞きました。

構造の事をよく知る住宅会社に出会ったから
私の場合、揺れや火事に強い木の性質を十分に知り尽くして、

地震に強い構造をデザインも含めて提案してくれた住宅会社に出会ったことがやっぱり大きかったですね。


本当に安心できる家を建ててくれる業者さんは必ずいます。そういう家を建ててくれる業者さんは、

どんな家を建てたいのか明確になればなるほど、見つけやすいと思います。

例えば世の中にはレストランってたくさんあります。あなたが今日はスパイシーなインドカレーが食べたいと思った時は、インド料理店に行きますよね。

フレンチレストランにはいかないですよね?


何でもいいやっていう日はファミリーレストランやコンビニのごはんとかになるのではないでしょうか。

そんなふうに食べたいものが決まれば、より専門的でおいしいものが食べられます。

家も一緒です。例えば「自然素材を使い、地震に強く、リーズナブルに」という感じに、

こだわればこだわるほど、それを専門に特化した業者さんにたどりつけると思います。
2020_42.6.27・28西原恒邸完成見学会_200730.jpg
色んな家を見て、色んな本を読んで住みたい家のイメージを膨らませてくださいね。

実際に住んでいる人の話を聞くのも、私の場合はめちゃめちゃ参考になりました。

ぜひタッチハウスの建物も見学に来て、ご自身の目で見極めてくださいね。

今日は防災に強い家について、私の超個人的な感想をお話しました。

ご質問などありましたら何でもお答えしますのでコメント欄にどうぞ!

それではまた次回お会いしましょう!