新築住宅 収納のポイントVOL4

家づくりをする時
『収納の使い勝手』
を考えた間取りにするかどうかで
住み心地は全然違ってきます

せっかく家を建てるなら
収納量が少ない...場所が悪い...と
後悔する家にはしたくありませんよね。

そこで今回のシリーズでは
奥が深い収納について
整頓術から場所別収納術まで
まとめてご紹介します。

これからの家づくりにぜひお役立てください。

第一回目は整頓術
第二回目は生活動線から考える場所別収納玄関編
第三回目は生活動線から考える場所別収納洗面・脱衣所編
についてお伝えしました。

4回目の今回は生活動線から考える場所別収納キッチン編です。

生活動線から考える場所別収納キッチン編
images.jpg

キッチンは料理をする場所ですが
そこで行う家事は
料理だけではありませんよね。

買い物からかえってきたらまず
買ったものを冷蔵庫や戸棚に収納します。
その他にも
食材を洗う
カットする
加熱する
食器や鍋を洗う
盛り付ける
食卓に出す

などなどの作業があります。

収納は量ではなくて
場所だとよく言います。
作業内容とそれをする場所をよく考えて配置すると
作業効率をアップさせ
時間を大幅に短縮することができます。

そのコツは...

作業する場所に作業に必要なものを
配置するのことです。

使うところにモノを置く

シンク

例えばシンクでは食材や食器などを
洗います。

23128992_s.jpg

食材を洗う場合は
ボウルやザルが

食器を洗うためには
水切りかごやスポンジ
洗剤などが必要です。

食材を洗って鍋に入れたり
鍋に水を入れたりするので
実は鍋やフライパンも
シンクの下の方が動線がスムーズです。

なのでシンク下に
ボウルやザル、鍋類

シンクの脇に
水切りかご・スポンジ・洗剤などを
配置するとスムーズに作業できます。

シンクではごみも出ます。
生ごみ・燃えるゴミ・燃えないゴミ・ペットボトル・ビン・缶...
ゴミ箱はできるだけシンクの近くにあるといいのですが
これだけの種類別に置くとなると
かなりの大きなスペースが必要です。

シンク下に置けない場合は
手元に小さなゴミ箱を置くのをおススメします。
61CYNNTnTuL._SL1000_.jpg

調理中に出るごみをここに入れておいて
あとで分別ごみ箱に入れなおすと
調理中にあちこち動かなくていいので便利です。

ゴミ箱の設置場所は悩ましい所です。
キッチンカウンターに組み込んだり
4426149_s.jpg
リビングとの境目に設置したり
スクリーンショット 2022-05-18 101435.png
勝手口がある場合は外においても。
22689463_s.jpg

ゴミ箱の置き場所はささいなことのようですが
その使い勝手の良し悪しは
家事のしやすさに大きく影響してくるので
プランニングの段階でしっかり検討することが大事です。

コンロ

コンロでは
煮たり炒めたり加熱したりします。
23928669_s.jpg

加熱中に必要になってくるのは
調味料やヘラ・菜箸などのキッチンツール。

鍋つかみや鍋敷きなども
ここに取り出すとパっと取り出せて便利です。

コンロの下など近くに配置しましょう。

20190903_maeda_06.jpg
23e8eeb6.jpg


食器の収納

食器は最後の仕上げの盛り付けで使います。
また食後は洗って片づけることも考えると
調理台とシンクの近くがおススメです。

洗った食器をすぐにしまえて
調理したものもすぐにお皿に盛ることができるので
家事動線がとても楽になります。

4293211_s.jpg

収納する時のポイントは使用頻度の高いものを
手の届きやすいエリアに配置すること。

逆に使用頻度の低いものは
高い棚や足元の引き出しに収納します。

グラスや湯呑は
食卓にポットや急須を持って行って飲む習慣がある場合は
食卓のそばに配置すると無駄がないです。

全4回にわたって
整頓術と生活動線から考える場所別収納術を
お届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか。

整頓術も収納術も
地味で小さなことですが
ちりも積もれば山となるという言葉のとおり
無駄を省いてできた
小さな時間の積み重ねが
トータルで見ると30分、1時間になったりするものです。

ぜひ、この整頓術・収納術を使って家を片付けながら
家づくりのプランを立ててみてくださいね!


新築住宅 収納のポイントVOL3

家づくりをする時
『収納の使い勝手』
を考えた間取りにするかどうかで
住み心地は全然違ってきます

せっかく家を建てるなら
収納量が少ない...場所が悪い...と
後悔する家にはしたくありませんよね。

そこで今回のシリーズでは
奥が深い収納について
整頓術から場所別収納術まで
まとめてご紹介します。

これからの家づくりにぜひお役立てください。

第一回目は整頓術
第二回目は生活動線から考える場所別収納玄関編
についてお伝えしました。

第三回目の今回は生活動線から考える場所別収納洗面・脱衣所編です。

生活動線から考える場所別収納 洗面所・脱衣所

コロナ前
洗面所はたいてい
お風呂場の隣にあり脱衣所を兼ねていました。
こんな感じ。
スクリーンショット 2022-05-15 202937.png
洗面所はプライベートスペースとして
目立たない場所(家の奥など)に
配置されることが多かったのです。

でも
コロナによって
洗面所は表舞台に躍り出ました。

プライベートスペースから
パブリックスペース
【家に帰ったら一番に行く場所】
【お客さんも使う場所】
【玄関から近い場所】
へと大変換をとげました。

洗面所

そういうわけで
近頃の洗面所は
手洗いと脱衣所を分離して
玄関脇や廊下などに
設置するパターンが
増えています。

22075517_s.jpg

当然収納も洗面・脱衣所が
同じスペースだった時とは変化しています。

パブリックスペースに設置する場合は
生活感のあるものを見せない収納
を意識する必要があります。


洗面所を2カ所に設置するのでない限り
洗面用具や歯磨き用具も置かなければならないので
戸棚やかごなどを使って生活感のあるものは
上手に隠しましょう。

ce6760c7353caf8ce950a35e5cf0bb1d-720x550.jpg


リネン類は色や素材を統一すれば
見せる収納として利用できますが

23034934_s.jpg

色や種類がバラバラなこともありますよね。
1404716_s.jpg

多彩な色や素材で
キッチュでアートな印象を与えることが
できればいいのですが
かなり難易度が高いです。

センスに自信がない場合は
見えないように収納するのがおススメです。

脱衣所

洗面所が独立すると
脱衣スペースは少しゆとりができます。

そこで昨今人気なのが
ランドリースペースを作ること。

最近は共働きで
室内干しがメインだという方も多いため
脱衣所に洗濯機と室内干しスペースを設置してしまうのです。

4975976_s.jpg

すると洗濯機から出した洗濯物をその場で干せるので
家事動線がグンと短くなります!

そこに収納するスペースを設けると
乾いた洗濯物をすぐにしまうことができて
さらに時短!
5178093_s.jpg

着替えなどを取りに行くのに
1階と2階を往復しなくて済むのも
うれしいですよね。

全てをしまう程広さにゆとりがない...という場合には
タオルや部屋着をしまっておける程度の
ミニ収納でも十分時短になります。

洗面・脱衣所の収納アイデアいかがだったでしょうか?
次回はキッチン編です。どうぞお楽しみに!

新築住宅 収納のポイントVOL2

家づくりをする時
『収納の使い勝手』
を考えた間取りにするかどうかで
住み心地は全然違ってきます

せっかく家を建てるなら
収納量が少ない...場所が悪い...と
後悔する家にはしたくありませんよね。

そこで今回のシリーズでは
奥が深い収納について
整頓術から場所別収納術まで
まとめてご紹介します。

これからの家づくりにぜひお役立てください。

第一回目の前回は整頓術についてお伝えしました
第二回目の今回は生活動線から考える場所別収納玄関編です。

生活動線から考える場所別収納 玄関編
23269426_s.jpg

前回の整頓術では
ステップ1で全部出し
ステップ2で使うものと使わないものに分け
ステップ3で使うものをしまう
ということでしたね。

このステップ3の
使うものをしまう
は新居で行うわけです。

元々あったところに戻すのはかんたんですが
注文住宅では収納を自由に設計できるので
どこに何をしまったらいいのか
自由過ぎて迷ってしまいますよね。

そんな時は
日常の生活動線を基準にしてみてください。

動線上の最適な場所に収納スペースを設けると
無駄な動きを抑えられるからです。
必要な場所に必要なものがあると
出すために遠くまで行くというストレスがなくなるし
使う場所としまう場所が近ければ
出しっぱなしになることもありません。

では実際に注文住宅の収納について
玄関からの動線に沿って紹介していきます。

玄関収納

実際に帰宅した時のことを
イメージしてみましょう。

まず玄関で靴を脱ぎ、
カバンやコートをどこかにおいて
洗面所で手洗いうがいをして
それからリビングに行く
という行動をとる人が多いかもしれません。

もちろん一番にトイレに行ったり
買い物帰りだったらキッチンに行ったり
ということもあります。

ご自身のお宅では家族は
どんな行動をとることが多いですか?

カバンやコートを投げっぱなしにして
洗面所やトイレに行くことが多いなら
玄関に収納場所を作れば
部屋が散らからなくなります。

ゴルフやヨガなどを趣味にしている場合は
ゴルフバックやヨガマットが玄関に
置けたりすると便利ですよね。

また小さいお子さんがいる場合は
ベビーカーや三輪車、
子供の習い事のサッカーボールや
野球道具などの置き場所が必要かもしれません。

こんな風に家族構成や生活習慣に合わせて
玄関収納を考えていきましょう。
玄関収納にはこんなタイプがあります。

靴と傘を収納するシンプルな下駄箱
10004105_s.jpg
昔からあるタイプの玄関収納で
壁面収納にすればかなり省スペースで作ることができます。

特に大きなものを収納する必要がなかったり
別に収納できる場所を確保できるなら
シンプルなタイプで十分だと言えるでしょう。

 コートやゴルフバックなどをしまえる収納
storage_order_housing_01.jpg
コートやカバン、ゴルフバックなど
大きめのものもしまえる玄関収納です。
玄関にコートやカバンなどをしまえれば
リビングに持っていく必要がありません。

玄関近くの廊下の壁面に
設置できれば省スペースです。

 ウォークインシューズクローゼット
191223287399_01.jpg
靴をはいたまま入れるシューズクローゼットです。
大容量なので三輪車やベビーカーも
そのまま入れることができます。
棚などには帽子やマフラーなども置けて
外出に必要な物を備えておくことができます。

鏡を設置すれば
ここで身支度まで整えることも出来ます。

玄関は家の顔ともいえる大事な場所。
キレイに整えておくと運気も上がると言われます。
希望に合わせて収納を自由に作れるのは
注文住宅ならではの魅力です。
ぜひ今回の記事を参考に
スッキリと片付く玄関収納について
考えてみて下さい。

次回は洗面・脱衣所編です。
お楽しみに!

新築住宅 収納のポイントVOL1

家づくりをする時
『収納の使い勝手』
を考えた間取りにするかどうかで
住み心地は全然違ってきます

せっかく家を建てるなら
収納量が少ない...場所が悪い...と
後悔する家にはしたくありませんよね。

そこで今回は
奥が深い収納について
整頓術から場所別収納術まで
まとめてご紹介します。

これからの家づくりにぜひお役立てください。

整頓術からはじめる
23854409_s.jpg

物を入れて部屋をスッキリ見せたり
必要な物をストックしたりする収納。
収納は、サイズや容量
設置する場所によって
使い勝手の良し悪しが決まります。
そのため
『必要な物を使う場所に片付けることができる収納
取り出しやすく片付けやすい収納』が
暮らしていく中で
使いやすい収納ということになります。

最近はシュークローゼットや
ウォークインクローゼット
パントリー、壁面収納など
多くの収納があり
どれもよさそうにみえますよね。

確かに、一つひとつは便利で使い勝手がいいものですが、
あなたの暮らしに合っているでしょうか?
どんなにいい物でも
あなたのライフスタイルに合っていなければ
使いこなすことはできません。

あなたの暮らしをイメージして
収納場所を考えることが大切です。

ここがしっかりできていないと
持ち物の総量に対して収納スペースが多すぎたり
収納スペースが足りなくなったりしてしまいます。

そこで大事なのが
家づくりと並行して持ち物の見直しをすること。
今持っているものは
今の住まいに合わせているものが多く
新しい家に必要ではないものが
けっこうあったりします。

持ち物を減らすことができれば、
その分収納スペースも減り
リビングや寝室などのスペースを広くすることができます。

家をきれいにキープするには
整理整頓術が欠かせません。

引っ越しはその整頓術の第一ステップである
全部出す
を強制的にさせられるので

それを上手に利用して
第二ステップの
「使う使わないでわける」
第三ステップの
「使っているものをしまう」
を家の収納に落とし込んでいけば
「片付くしくみ」のできあがりです。

では具体的に整頓術の
第一~第三ステップとは
どんなものなのでしょう?

整頓術第一ステップ

整頓術の最初のステップは
全ての持ち物を広げてみることです。
23452952_s.jpg

とはいっても家の中には
莫大な量のモノがありますので
一日30分~1時間くらいを目安に
今日はこの引き出し
今日はこのタンス
というように少しづつやっていきます。

大きな戸棚や収納庫などを整理整頓するときは
床にブルーシートやレジャーシートなどを広げ
そこに置くのをおすすめします。

全部出して確認してみると
全く覚えていなかったようなモノが
出て来たりしておどろきますよ!

同じものがいくつもあったり
貰いもので捨てられないものが入っていたり...

使わずに入れっぱなしになっているものが
なんと多いことか!

もちろん捨てずにいることも可能ですが
その置き場所のせいで
リビングやキッチンが狭くなるとしたら...

整頓術第二ステップ

第二ステップは
「使っているモノ」「使っていないモノ」を分別すること。
911085_s.jpg

このときの片付けのコツは
一年以内に使ったものかどうかで判断することです。

あれば使うかも
まだ使える

ええ、そう思いますよね。
本当によくわかります。
でもそのいつか使うモノの置き場所のために
何十万と払うのを忘れないで...

また必要になったら買う

そんな考えも頭に入れて
考えてみて下さい。

最初は迷うことが多いかもしれませんが
だんだん判断する速度が上がってきます。
判断力が強化されるからです。

その判断力はいろいろなメリットをもたらします。

まず無駄な買い物が減って節約につながります。
不要なモノを買わなくなるので
ゴミ箱行きのモノが減ります。

モノが少なければ
新居がモノであふれてしまうことも
なくなりますよね。

スッキリ片付いて
余分なお金も使わない...

メリットしかないのですよ~。

どうしても迷う場合は
迷いボックスを用意しておいて
そこへ入れておきましょう。
時間が答えを出してくれることも多いです。

整頓術第三ステップ

第三ステップは「使っているモノ」をしまうこと。
22108504_s.jpg

その時のコツは
毎日使うものか・時々使うものか
に分けて
毎日使うものは、一番出し入れしやすいゴールデンゾーンに配置することです。
収納のゴールデンゾーンとは
しゃがんだり、背伸びしたりしないで
手が届く範囲のことです。

よく使うものが
サッと出せて戻しやすいと
それだけてめちゃめちゃ時短になります。

毎日使うモノの収納場所が決まったら
それ以外のところに使用頻度の低いモノを
しまいます。

キッチンだったら
お箸やスプーンなどのカトラリーは
出し入れしやすい場所に

時々使うお重や来客用の大皿などは
つり戸棚に入れたり
季節のあるものなどは引き出し収納の下などへ

としまっていきます。

今回は整頓術から始めるということで
 「出す」 「分ける」 「しまう」 の "基本の3ステップ" 
を紹介しました。
ぜひ、この整頓術を使って家を片付けながら
家づくりのプランを立ててみてくださいね!

次回は
生活動線から考える場所別収納について
お伝えしていきます。
おたのしみに!

おうち時間が楽しくなる家づくり後編

最近コロナ過の状況で
おうち時間を楽しみたいと
家づくりを検討する方が
だいぶ増えてきました。

そこで今回は
おうち時間が楽しくなる
ポイントをご紹介したいと思います。

3977421_s.jpg

前編では自然素材を使った
居心地のいい空間づくりについて
お伝えしました。

後編の今回は
おうち時間が楽しくなる間取りについて
お伝えしていきます。

変化してきた住宅のありかた

コロナ過の影響では住宅事情に
いろんな変化がありました。

テレワークやzoomなどでの授業参加
なども普通に行われるようになりました。

長く過ごす時間が増えた住まいの中で

自然と触れ合える場所や
家族団らんの空間
1人で過ごせるスペース

などを設けることで
住む人全員が
ストレスなく快適に
暮らせるのではないでしょうか。

自然と触れ合える場所

ウッドデッキ
topwooddeck.jpg

ウッドデッキは
家の外と中を緩やかにつなぐ
緩衝材のような場所。

縁側でもなく、バルコニーでもない
内とも、外ともとれる
中間的なウッドデッキがあることで、
暮らしに厚みが出てきます。

家にいながらアウトドアを
気軽に楽しむことが出来ます。

外のおいしい空気を吸いながら
食事をしたり読書をしたり
ワイワイとバーベキューや
ゲームをしたりと

自然の中で暮らしている感覚を
味わうことができます。

植栽&ガーデニング&家庭菜園

23253793_s.jpg

人は花や緑を見ると
イライラが緩和され血圧下がり落ち着いたり

副交感神経が優位になりすぎて
何もやる気が起こらない人が
やる気が起こるという
医学的結果が発表されています。

なぜかというと
人は歴史上700万年もの間森の中で暮らしてきて
未だにそのDNAを持ち続けているから。

人のDNAが変化(進化?)するには2-3万年かかります。
人類は都市生活をするようになってから
まだほんの300年程度しか経過していません。

つまり、森の中で生きるDNAのまま
都市生活を送っているというわけです。

なので家の中から
庭木やお花を見るだけでも
気持ちが落ち着き、
体の調子を整えるのに効果的なのです。

庭木やお花は日常的に
お手入れが必要です。

実はその庭いじりも健康に
いい影響をもたらします。

土に触れ、植物に囲まれて30分間過ごすと
ストレスを受けた時に出る
コルチゾールというホルモンの
分泌率が下がり
気分が向上することがわかっています。

一歩進んで家庭菜園などをすれば
ストレス軽減もできてさらに
新鮮で栄養満点の野菜を収穫できるので
一石二鳥ですね。


家族団らんの空間

開放感のあるリビング
homahighend3.jpg

家族が集まるリビングは
開放感のあるような空間にすることで
リラックス効果も高くなります。

窓から景色が楽しめたり
アウトドアリビングなどを工夫することで、
自然と家族が集まるような場所に。

開放感があると
それぞれに読書やゲームを楽しむなど
余裕をもってゆったりと過ごせます。

みんなで料理できるキッチン
images.jpg

在宅時間が増える中
"食事を準備する回数"
"キッチン滞在時間"もぐんと増え
主に料理をされる方は
ストレスに感じることもあるのでは。

そこでみんなで料理できる
キッチンを作り
家族を巻き込んでしまうのは
いかがでしょうか。

回遊型のアイランドキッチンは
色んな方向から参加できるため
食材を切る人
煮たり炒めたりする人
盛り付ける人
洗う人
など複数人がキッチンで
活動することが可能です。

いつでも参加できる環境なので
家族がキッチンに集まりやすくなります。

これには副産物もあります。

協力し合って料理をすると
お互いの信頼関係が非常に深まります。
子供は家事の大変さがわかるのと同時に
家族の役に立ててうれしくなるし
夫婦も連係プレーで助け合うので
バディのような連帯感が生まれます。

1人で過ごせるスペース

テレワークが増える中で
快適に暮らす空間を作る秘訣は
気が散らないで落ち着いて仕事ができるよう
工夫することです。

例えば、仕事と生活空間を区切ることで
オンとオフの切り替えがしやすくなります。

仕事部屋を持てない場合でも
リビングの隅にデスクやパソコンを設置して
ちょっとしたワークスペースを設けることで改善することができます。

その際に
簡単なパーティションを設置したり
少し丈のある家具で仕切ったり
大きめのグリーンを置いたりすることで
気持ちを切り替えやすくなります。

注文住宅では自由度の高い設計により
予めワーキングスペースを設けることができるので
その利点を十分生かして工夫することをお勧めします。

タッチハウスでは
自由設計で注文住宅を建てることが可能です。
こちらのページ
詳しくご紹介していますので
よかったらご覧ください。

前後編でおうち時間が楽しくなる家づくりを
ご紹介してきましたが
いかがだったでしょうか?

何か質問などがありましたら
何でもご気軽にご相談くださいね!

おうち時間が楽しくなる家づくり前編

最近コロナ過の状況で
おうち時間を楽しみたいと
家づくりを検討する方が
だいぶ増えてきました。

そこで今回は
おうち時間が楽しくなる
ポイントをご紹介したいと思います。

3977421_s.jpg

おうち時間を楽しく過ごすには
まず過ごす場所が快適でなくてはなりません。

タッチハウスがおススメするのは
床や壁、天井までふんだんに自然素材を使うことです。

ずっといたくなる心地いい空間を作る
自然素材を使う
shizensozai_mokuzai1b.jpg

ここ何年か
家づくりは高気密高断熱住宅を
作ることに情熱が注がれてきています。

高気密高断熱住宅は
気密を上げて外の寒さや暑さに影響されにくく
省エネで気温をコントロールでき
一年中快適な温度で過ごせる

ということがメリットです。

でも家づくりの予算を考えた時
高気密高断熱は高コストなので
構造材、内装材は安価な合板などを
使う場合が多くなります。

その合板や化学建材からは
微量ながら化学物質が放出されるので
そういった建材が多いほど
シックハウス症候群など
健康への悪影響が問題になっています。

高気密高断熱で
化学建材を多く使った家は
省エネ性能など
目に見える数字で表すことができますが、

自然素材が体にいいかどうか
それを数値で表すことは確かに難しいです。

ただ、人間はそもそも動物なので
自然素材に触れた時の
肌触りのよさや心地よさ
空気のさわやかさや気持ちよさ
などを
身体で感じる方が多いのも事実です。

人工的な空間よりも
自然な空間。

それこそが
何となくずっと家にいたくなる
そんな気持ちにさせてくれるのです。

床材
4985360_s.jpg

自然素材と聞いて
思い浮かべるのは無垢の床板ではないでしょうか。

見た目のおしゃれさもさることながら
天然木のフローリングは機能性が非常に高いんです。

まず
湿気の吸収に優れていること
そして
木の種類にもよりますが
フィチンドットなどにより
いい香りがする
ゴキブリなどを寄せ付けない
などの効果もあります。

さらに、無垢材のもつ質感や温かみはやはり
合板にはない大きな魅力だと思います。

「木の温もり」ってよく言いますけど
実際にさわり比べてみると
無垢材は本当に温かいんです。

メンテナンスという点でも
自然素材を使うメリットがあります。

無垢材の床なら
部分的に剥がれたり傷ができても
周りを少し削れば
元通りの見た目になります。

合板の場合は
はがれてくるとぼろぼろになって
どんどん劣化するので
ある程度の年数が経つと
張り替えをしなければならなくなります。

無垢材の場合
年を経るごとに
味わいを増し愛着が湧く素材なので
張り替えの必要がないんです。

そう考えると
導入する時のコストは高いですが
張り替え工事をしなくていい分
トータルで見ると
逆に安いということになります。

自分で手入れしながら
大切に長く住んでいきたい人には
ぴったりです。

最近は
そうしたライフスタイルを選ぶ方が
増えているような気がします。

壁材

スクリーンショット 2022-05-05 115547.png

自然素材でよく知られる珪藻土などは
「呼吸する建材」なんて言われますが
家の中の湿気を吸って
乾燥すると吐き出す調湿効果が知られています。

快適に過ごすためには、湿度がとても重要なのです。

じめじめした夏には湿気を吸着し
乾燥した冬には湿気を放出するので
梅雨時にカビが生えることなんてこともないし
部屋干しの洗濯物が匂うこともありません。

冬も加湿器いらずで
部屋中をちょうどいい湿度に保ってくれます。

また、ビニールクロスと違って
光の反射もおさえてくれるので
目にもやさしく部屋を柔らかな印象にしてくれます。

自然素材の壁も
メンテナンス面でメリットがあります。

床板と同じように
自然素材の壁も
年を経るごとに
味わいを増し愛着が湧く素材です。

クロスは時間が経つと
つなぎ目が目立ってきたり
よくわからない汚れが目立ってくるのですが
漆喰や珪藻土の壁はそういうことがありません。

もちろん汚れをつけてしまうこともありますが
そんな時は
硬く絞ったふきんでこすったり
サンドペーパーなどで
削るときれいになり
あとも全然目立ちません。

クロスだと汚れが目立ってきたら
張り替え工事をしなければならなくなるので
それを考えると塗り壁は経済的だと
いえるでしょう。

タッチハウスではこのように
自然素材で居心地のよい
空間が作ることをおすすめしています。

素材についてはこちらのページで
詳しくご紹介していますので
よかったらご覧ください⇓

bnr_shizensozai.png

予算の関係で全ての部屋には
無理という場合でも

家族が過ごす時間の長い
リビングの床だけ無垢材に変えるとか
無理のない範囲で取り入れていけばいいと思います。

後編ではおうち時間が
楽しくなる間取りについて
お伝えしていきます。

三島市が注目されている理由

タッチハウスは静岡県三島市を拠点にしている
地場工務店です。

静岡県は2021年の移住希望地ランキングで
一位だったのですが
その中でも三島市が
注目されているのをご存じでしょうか?

今回は三島に住み
拠点として活動しているからこそわかる
三島の住みやすさをお伝えしたいと思います。

1424433_s.jpg

三島市は昨年三月に行われた
『本当に住みやすい街大賞 2021 in 静岡』
という静岡県の"本当"に住みやすい街TOP10で
見事1位を獲得しました。

静岡県内でも評価が高いことが
証明されたのですが
その理由としては

〇都心から約一時間というアクセスの良さ
〇水や食の豊かさ
〇買い物のしやすさ楽しさ

などが挙げられています。

三島は新幹線で東京からひかりで44分、こだまで54分。
1370517_s.jpg
このため三島には東京へ通勤で通う人や
東京の学校へ通う人も多くいます。

コロナになってからは
テレワークの会社も多いため
在宅で仕事、たまに新幹線で東京へという
働き方が可能になりました。

それも大きく影響していると思いますが
総務省による「転入超過数(転入者から転出者をひいた人口増減数)」
の調査結果によると
静岡県内で最も転入超過数が多かったのが
この「三島市」でした。

また伊豆・箱根・熱海・山梨などのレジャースポットにまで
1時間でいけてしまうというアクセスの良さ...。

それでいて三島は緑と湧水の
豊かな自然に囲まれた町というのが魅力なのです。

町の中にはいたるところに湧き水と
美しい川があり
駅の目の前には大きな庭園
少し歩けば三島大社
と歩くのが楽しい街です。

三島駅前は大型商業施設やチェーン店よりも
個性的な個人の店が多いのも魅力です。

こだわりの品物をおいた商店やcafeなど
思わず覗きたくなるような店が
あるのが面白いのです。

三島大社近くの広小路まで歩くと
老舗のうなぎ屋、歴史のあるイタリアンレストラン
大社名物たい焼き屋など
オリジナリティに溢れる多様なお店が並んでいます。

おいしい飲食店が多いのは
三島野菜として
地場の食材を大切に守っている風土があるから。

有名な三島馬鈴薯をはじめ
青菜、大根、ニンジンなど
三島ブランドの野菜を作り大切にしています。

三島の野菜は本当においしいんですよ!

こんな魅力的な街
三島市に住みたくなりましたか?

そんなあなたに、三島市から朗報です。
三島市自治体では移住者のためのサポートをしています。

・三島市移住・子育てリフォーム事業費補助金

市内に住宅を取得し、転入した若い世帯に対する補助金です。

住宅の耐久性及び安全性を高めること等により、子育て世帯等の良好な居住環境の形成を図るとともに、若い夫婦等の市への移住促進を図るため、住宅のリフォーム工事を発注する者に対し、リフォーム工事に要する費用の一部を補助します。

【1】県外からの移住世帯・子育て世帯の世帯員(補助率20/100)補助限度額20万円
【2】上記【1】に該当し、市内施工業者を利用(補助率5/100)補助限度額5万円


・住むなら三島移住サポート事業

若い世帯の良好な居住環境の形成を図り、三島市への移住・定住を促進するため、市内に住宅を取得し、転入した若い世帯に対する補助金です。

【1】県外から転入をした若い夫婦等 100万円
【1】県外から転入をした若い夫婦等 50万円
【3】県内の他市町から転入をした若い夫婦等 20万円

タッチハウスでも土地をご一緒に探したり
中古住宅を改築したりと
移住のお手伝いをさせていただきます。
ぜひご相談ください。


家づくり建てるのはいつがいい?今でしょ!

家は人生で最も大きいといってもいい買い物です。

ですから、家を買うタイミングは
多くの人が悩むのではないでしょうか。

特に昨今はコロナによるウッドショックや
戦争による社会情勢の不安定、円安など
不安を感じる要素が多いですよね。

そこで今回は
ウッドショックや円安などの影響をふまえ
家を買うタイミングについて解説していきます。

22875248_s.jpg

家を買うタイミング:データ

令和2年発表の統計データによると
はじめて家を購入した人で最も多かったのは30代。
平均年齢は分譲戸建住宅が一番低く36.8歳
中古マンションが一番高く44.8歳でした。

住宅を買う場合多くの方はローンを組みますが
住宅ローンは最長でも35年。
遅くとも80歳くらいまでには返したいとなると
45歳までには建てるという選択になるのでしょう。

また同じ統計で年収から見た家を買うタイミングは
年収700万円前後となっています。

この数字は平均「世帯」年収です。
どちらかひとりではなく合算したもので統計をとっています。

家を買うタイミング:ライフイベント
23287974_s.jpg

結婚したら、子供ができたら家を建てる
という人も多いですよね。

戸建て住宅を建てた人へのアンケートによると
「結婚」のタイミングで家を建てた人が一番多く
続いて
「昇給・昇格」
「出産」
「子供の進学}
「子供の独立」
となっていました。

2022年は家を買うタイミング?

家を建てるタイミングには色んな内的要素がありますが
外的要素も重要です。

ウッドショック
コロナによる影響で外国の木材は
手に入りにくくなり
価格も高騰しています。
コロナ前に比べると1.5~2倍にまで!

安価で使いやすかったベニヤも
2倍以上になってしまいました。

では日本の木を使えばいいじゃない
と思うかもしれませんが
日本では山の管理に国が助成金を出さなくなって久しく
山への手入れが行われていない所が
非常に多いのが現状です。

木は大きくなるほど
日当たりを確保するために
間引きや枝打ちをしなければなりません。

枝打ちをすれば節がない材になり
日当たりがよくなれば木が大きくなるのですが
それが出来ていないため
節だらけの細い木が多くなっています。

私(山田)の実家は湯ヶ島にあり
財産区という周辺の村で管理している山があります。
以前は年に一度は集まって
枝打ちや間引き作業をしていましたが
補助金が出なくなった15年ほど前からは
やらなくなってしまいました。

そんな山が全国にたくさんあるに違いありません。

こんな状況ですから
国産の木はいい材が少なく
少ないのでウッドショックで高くなった外国産より
高値なのが現状です。

円安
23767795_s.jpg
最近円安もよく話題になりますね。
円安になると輸出するにはいいのですが
輸入する時は不利になりますよね。

当然現在輸入に頼っている木材の
価格もこれからさらに上がってくることが
予想されます。

ウッドショックに加えて円安...。
しかも
現在の円安は悪い円安と言われています。

悪い円安って何かというと...

日本は景気がずっと悪くて
ゼロ金利政策というのをとってきたのですが
欧米諸国は景気が回復してきて
金利を上げてきたんです。

私たちが銀行にお金を預ける時に
金利が0.001%の銀行と
5%の銀行があったら5%の方に預けたいですよね。

その原理で円は敬遠されているのです。

しかもさらに不安な要素があって

日本は物価がずっと上がっていなかったのですが 
今月日本の消費者物価指数は
目標の2%を達成する見込みです。

でもそれは
国内の経済状況によって
需要があるから値段が上がっているわけではなく
社会情勢不安による原料費高騰によるもの。

つまり材料費が上がったので
商品にのせて売るしかないわけで
給料は上がってないのに
物の値段が上がってしまっている状況です。

物価が上昇する時には
金利を上げるというのがセオリーなのですが
不景気のこの状況で金利を上げれば
経済が回らなくなってしまうので
金利を上げることができません。

その結果どうなるかというと
通貨価値が下がってしまうおそれがあると
経済学者たちは言っています。

恐ろしいことばかり並べてしまいましたが

この状況をおさらいしてみると
住宅の価格は現在より高くなることが
予想されるということです。

まとめ

家を建てるタイミングを計るには
年齢やライフイベントなどの内的要因と
景気や金利などの外的要因があることを
お伝えしました。

いろんな状況を考慮に入れて
ご自身が家を建てるタイミングはいつなのか
じっくり検討してみて下さい。

タッチハウスでもお手伝いいたします。
ご気軽にお問い合わせください。


オリジナルのサンルーム

先日ご依頼があり
サンルームの増築工事をさせていただきました。

S__40951811.jpg

サンルームは天候に関わらず洗濯物が干せたり
リラックスするための癒し空間になったりと
近年共働き世代にもシニア世代にも人気です。

サンルームの増築工事で
最も気をつけているのが防水処理です。

サンルームを後付けで設置するときは
既存の外壁に釘やビスなどを使って固定します。

このときに固定した部材周辺を
コーキング材でしっかりと防水処理をしておかなければ
雨や害虫が外壁の中に侵入し
建物の耐久性を落とすきっかけとなってしまいます。

せっかく設置したサンルームが
雨漏りや害虫が入ってくる
原因になってしまっては
元も子もない!

というわけで一番気を遣う所です。

サンルームは既製品もあるのですが
今回はオリジナルで一から作りました。

防水処理や見た目など様々な要素を
総合的に見た時に
既製品でしっくりくるものがなかったからです。

屋根板と手前の壁は
ポリカーボという樹脂パネルを加工しました。

S__40951814.jpg

ポリカーボネートは、DIYで人気が高い素材のアクリル板と同じプラスチック材の一種です。

透明な見た目はアクリル板とよく似ていますが
紫外線に強いうえに
-40℃~125℃までの温度に耐えられるという
見た目を裏切る強さを持っているのです。

また衝撃にも強く
非常に割れにくいという特性があります。
その強度はアクリル板の30倍と言われており
プラスチック素材の中でも
最高クラスなんです。

日光浴や洗濯物を乾かす場所として
認識されているサンルームですが、
断熱効果もあります。

住宅の断熱性は
外気と内気の間に
どれだけ隔たりがあるかで決まります。

通常、断熱性を高めるためのリフォームは
壁の間に断熱材を入れたり二重の窓にしたりと
外気と内気の隔たりを作ります。

実はサンルームはそれ自体が
外気と内気の間の隔たりになるんですよね~。

大きな空気のクッションを入れている
イメージです。

建物全体の断熱性能を
上げることはできませんが
隣接する部屋の断熱性を
向上させることはできます。

デメリットとしては
メリットの裏返しになってしまうのですが
夏は太陽熱が空気を温めてしまうので
隣接する部屋が暑くなってしまうこと。

気になる場合は
『屋根の日除け』や『熱量を吸収する屋根材』
などを選択すると暑さを軽減することができます。
すだれとかよしずなども有効です。

サンルームは機能的に素晴らしい面も
もちろんありますが
作ると家の雰囲気は大きく変わり
新たなリラックス空間空間を
作れることが意外なメリットです。
S__40951817.jpg

ご興味のある方は
ぜひタッチハウスにご相談下さい。

なぜ今木造なの?VOL3

木造建築が近年
大きく変わってきました。

住宅だけでなく
学校や病院といった公共建築を
木で建てる例が増えているのです。

技術の進歩で強く作れるようになったから
木造を後押しする法律ができたから
言われていますが
理由はそれだけでしょうか?

今回のシリーズでは
エネルギー
地方
山との共生

の3つの視点から
近年の木造建築を
見ていきたいと思います。

Vol1でははエネルギー
Vol2では地方の視点から書きました。
3回目の今回は山との共生の視点から
書いていきたいと思います。
23438828_s.jpg
山との共生

この10年で国産材の自給率は上がっていますが
林業の人たちの利益は挙がっているのでしょうか?

答えはNOです。
林業の利益はずっと落ち込んだままなんです。

例えば70年かかって育った木を売ると
1㎡の利益は利益1000円以下という
信じられないような事実!

原因はいろいろあるけれど

木が大きければ大きいほど
切ったり運んだりするのに
コストがかかってしまうこと

節があるものや
角材にカットした残りの木材など
お金にならない部分が多すぎること
が大きいです。

日本もかつては山と建築がつながっていましたが
いまは単に鉄やコンクリートの代わりとして
工業製品のように木材を使っています。

節があっても
工業製品のように完璧に製材しなくても
建物の性能が悪くなることはありません。

加工を押さえて
山の利益を最大化することは
山を守り
日本の木材を守る有効な
手段の一つです。

今のままだと利益にならない
木の産業を廃業する人が
あとを立ちません。

山が衰退したら
戦争や石油ショックなどの
世界情勢によって
木材が入って来なくなった時に
困ってしまう!!!

そんな事情から
木造建築が大きく変わってきているのです。

タッチハウスでも
身近にあるできることから
山を守る活動を続けています。

具体的には

材木を仕入れたら
無駄にならないよう加工して
捨てるところを出さない工夫をすること
2912199_s.jpg

山を知り
山のどこに生えていた木なのかを知り
その木を家のどの部分に使うと
最もその性質を伸ばせるのか考え
長持ちする家を作ること

23438836_s.jpg

などです。

タッチハウスでしかできないやり方で
日本の山を守っていきたい。
そんな思いで携わっています。

何のための木造なのか

たまには原点を見つめ直してみました。

最後まで読んでくださって
ありがとうございました。